女性化乳房の治療方法について

女性化乳房とは

男性でありながら、女性のように乳房が膨らむ、女性化乳房という症状があります。
原因は様々ですが、遺伝などにより先天性があるものは、小児期より発症することが多くなっています。
また、後天的に発生する場合は、原因として1つは肥満があげられます。

太ることによって皮下脂肪が増えてしまい、それによって乳房の周辺にも脂肪がたまってしまうからです。
ただ肥満によって乳房が大きくなった場合は、肥満を改善することによって解消されることが多いので、特別な治療は必要ありません。
しかし肥満ではなく、ホルモンが原因によって女性化乳房を発症することがあります。
思春期や更年期を迎える男性に多く、男性ホルモンよりも女性ホルモンの分泌が過剰になったり増えることによって、発症します思春期や更年期はホルモンバランスが崩れがちになってしまうので、これまで女性ホルモンが男性ホルモンに抑えられていたバランスが崩れて、女性ホルモンの分泌が多くなることによって、女性らしさが身体に出てきます。
その1つが女性化乳房で、ホルモンバランスが元通りになれば自然と治っていくものですから、一般的に1〜2年ほどで改善されることが多いといえます。

女性化乳房とは女性化乳房の発症する可能性身体にストレスを感じることも