女性化乳房の治療方法について

女性化乳房の発症する可能性

女性化乳房とは女性化乳房の発症する可能性身体にストレスを感じることも

今日、Jカップに豊胸する夢みたんだけど乳首もピンクで最&高な気分だったな 〜〜〜

— あずま@レズビアン東京 (@azuma_lestokyo) 2018年8月7日
ただ乳房が大きくなることによって、胸が張った感じになり痛みを感じることもありますから、気になるときは医療機関を受診することが必要です。
また、女性ホルモンの分泌が過剰になるのは、思春期や更年期だけでなく、肝機能が低下したことでも起こります。
そのため20〜40代の健康な男性であっても、お酒の飲み過ぎが続くなどして肝機能が低下すると、女性ホルモンが分解されなくなるので増加して、女性化乳房を発症することがあります。
同じように、何かの病気を患っているなどして、定期的に薬を飲んでいるときは、薬剤の副作用によっても女性ホルモンが低下することは考えられますから、それによって発症する可能性もあります。
だからといって、今まで飲んでいる薬を勝手に中断する必要はなく、やはり専属の医師に相談することが必要です。
女性化乳房を発症することは女性ホルモンとの関係が深いため、発症することによって性欲がなくなったりすることがあります。
治療方法としては、ホルモンバランスが崩れたことによって発症した場合は、ホルモン剤を投与するという治療法が行われています。
ただ、一度でも発症してしまうと乳腺が発達してしまうので、その乳腺を取り囲むようにして脂肪も発達することになります。
そのため、症状をホルモン治療で抑えることができて改善されたとしても、乳腺や脂肪はそのまま残っていることになります。