女性化乳房の治療方法について

身体にストレスを感じることも

そうなると見た目にも胸が膨らんで見えるので、嫌だと不快感を感じる人は少なくありません。
洋服を着るときにも胸が膨らんで見えるのではないか、プールや温泉などにも入れないのではないかとコンプレックスを感じてしまい、自分の身体にストレスを感じることもあります。
そんな時は、発達した乳腺を手術で除去したり、脂肪を吸引するという方法が行われています。
乳腺を切り取る手術は、乳輪の下半分を切開してから、乳腺を切り取る手術になります。
乳輪にはほとんど傷が残らないので、手術をしてから時間がたったら、手術痕がわからない状態になります。
そして乳腺は一度切り取ってしまうと、ほとんど乳腺はない状態になるので、女性化乳房は再発することはなくなります。
一度、胸が膨らんでしまうと、それは減量をしても取り除くことができませんから、症状が改善されたら手術をして除去することが効果的だといえます。
また、膨らんでしまった部分の乳腺だけを切り取るのではなく、胸が大きくなった時に周辺の皮膚が伸びていることがあります。
そんな時は、皮膚も部分的に切除をすることで、たるみのない身体にすることができます。

女性化乳房とは女性化乳房の発症する可能性身体にストレスを感じることも

豊胸 東京船橋中央クリニック